スナック 水商売

スナックで働くのってお客様とライン交換しなくてはダメ?

スナックでもライン交換するのは一般的です

ライン交換

出勤して、だんだん仕事に慣れてくると、お客様のほうからライン交換を求められることがあります

ただ、キャバクラと違って、スナックの場合交換しにくい時もあります

自分に付いているお客様が割と見える位置にいるので、お帰りになる際のお見送りで交換したりしていました

 

私は自分でいうのも何ですが、かなりのズボラです

そんな私ですらラインを教えていたので、大半のホステスさんはお客様と交換していると思います

だから、スナックでのライン交換は一般的なんですよね

 

ただし、キャバクラとは違い、ドリンクバックや報奨金がほとんどないため、嫌なら教える必要はないということは覚えておいてください

では、教えるメリットとデメリットについて書いていきますね!

 

スナックでライン交換するメリット

1.自分の出勤日を相手に伝えられる

お客さんとライン交換する最大のメリットは、やはり何といっても自分の出勤日を相手に伝えられる

お店に来させる点にあります

特に出勤日が一定でないホステスさんにとっては有効です

出勤シフト

私も経験あるのですが、自分を気に入ってくれているお客さん(Aさん)がいて・・・

当時週末出勤していたのですが、その週はママから頼まれ火曜日と金曜に出ることになっていました

Aさんとはラインを交換していなかったので、もしかしたら来てくれるかなと淡い期待をしていたのですが、やはりそんなに都合よくいかず、結局新人だったこともあって誰も呼ぶことはできませんでした

 

すると、次の週末来店されたAさんから

「先週土曜日に来たのにいなかったね!ママから火曜日と金曜にに出ていたと聞いてがっかりしたよ。その週なら火曜日も金曜日も来れたのに」と言われました

それから、私は自分を気に入ってくれているお客さんには必ずラインを教えるようにしたのです

 

毎週必ず同じ日にしか行けないのであれば、教えなくても良いですが、多少でも違う日に出る可能性があるなら教えておくメリットはあります

 

2.営業をかけれる

営業

キャバクラで働くホステスの場合は、とにかくノルマやバックがあるため、ライン交換は当たり前

休日にお客さんと会ったり、電話も日常的にしなくてはなりません

ただ、大半のスナックにはノルマらしいノルマが無いので、無理にそこまでする必要がないのです

 

でも、やはり誰も呼ばない

いつもほかの女の子のヘルプで飲ませてもらうのは気まずいものです

そこで、自分の空いた時間に手軽に営業できるラインは非常に優れた営業ツールといえるでしょう

 

もちろん、営業するにもテクニックは必要ですが、最低限次のことを覚えておけば大丈夫です

ライン営業のコツ1 話を終わらせたいときはスタンプを送る

お客さんの中には、ラインを延々と送ってくる人もいます

だからといって、未読無視や既読スルーをしてしまうと、怒ってしまう可能性も

そこで、キリの良いところで、スタンプを送るのは非常に有効だといえます

 

ライン営業のコツ2 しつこくしない

相手を呼びたいのであれば、しつこくしないことです

ラインで延々と話をしていると、かえってお客さんはそれで満足してしまいお店には来ません

まだ、貴女とコンタクトを取りたいと思う段階で辞めるべきです

 

反対に、相手が忙しいや用事があると言っているのに、お店に来てとお願いし続けるのもアウト

お金を出す相手からすると不快に思います

そこで、分かったとだけ送っておきましょう

そうすることで、もしかすると来てくれるかもしれませんし、次につながることになります

 

ライン営業のコツ3 お礼のラインはその日の夜に送る

これは大半のホステスさんもできていますが、必ず来てくれた夜にお礼のラインは送っておきましょう

やはりお客さんとしては、非常に嬉しいものです

ただ、時間が時間なので既婚者のお客さんには、次の日の朝でも良いかと思います

 

ラインを交換するデメリット

ただ、ラインを交換するにもデメリットはあります

特に、私は次のことでかなり頭を痛めました

デメリット1 ラインが鳴り続けてノイローゼになる

とにかくしつこいお客さんは、時間構わずラインをしてきます

中には、平気でライン通話をしてくる人も・・・

本当に病みますよ

 

また複数のお客さんに教えると、一日に何回も何回もしてきます

過去に、彼氏と喧嘩して相手からのラインを待っていた時に、期待する度に裏切られて

本当に軽いノイローゼになりました

 

デメリット2 店に来なくなる

お客さんというのは、とにかく大半お店の外で会いたいものです

お金がかからないですから

連絡も同じで、ライン交換したら、途端に来なくなる人って珍しくありません

 

そういう人に限って、ラインは非常にマメで・・・

毎日おはようからおやすみまで、送ってきます

 

まとめ ある程度のリスクはあるので嫌なら教えるな

まとめると、やはり連絡先を教えるというのは、ある程度のリスクは伴います

何といっても、仕事時間外でラインによって拘束される点です

だから、お金があるのであれば・・・

お客さん用に1台持っておくのも手なのかなと思います

 

たしかにラインって便利ですが、一番の特徴である未読既読が相手に分かることで、トラブルになりかねません

一番は自分の手に負えなさそうなお客さんには教えないことですかね

 

 

 

-スナック, 水商売

© 2021 ZAIJO財女【女性の副業】 Powered by AFFINGER5